読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
大学院で有機合成をやってた人の思いつきの垂れ流し。
3年次に就活して内定貰ったのに,やっぱ研究したいと思って大学院に進学したり ,
休学してインドで留学してから中退したり。とりあえず生きてます

アラビア海を見つめた、ケーララ旅行最終日【7日目】

長かったようで短いこの旅行も最終日。

マイソールに戻るバスが出る、Kozhikode(コージコード)へ。

この旅行で初めて、地球の歩き方にも載っている都市に来ることができました笑

 

この地は「カリカッド」とも呼ばれていて。

ポルトガルの航海士であるヴァスコ・ダ・ガマが、ヨーロッパ人として初めてインドに到達した土地。

なので実際に石碑もあるのですが、観光スポットはそれぐらい。

 

石碑はいいやーってことで行ってません。笑

その代わりに海に行ってきた。

正直、あんまり綺麗じゃなかったですね。

もう少し南に行かないと、綺麗なビーチにはお目に掛かれないのかな?

 

十分泳げるレベルだと思う。

都内とか札幌から行ける範囲で遊べる海と、そんなに変わらないような。

ただ、人っ子一人泳いでない!!!

こんなにすっきりしたビーチを見たのは久しぶり。

東京近辺のビーチで遊んでる人からしたら、羨ましい光景かもしれない。

 

じゃあインド人は海で泳がないで何をしてるのか?

こんな感じ。

海は泳ぐ場所というよりも、その光景を見ながら会話を楽しんだり、リラックスする場所って感じですね。

 

僕は海を見ながら、この先は日本じゃなくてアフリカ大陸なんだよなぁとか、夢のないことを考えてました。

 

その後は暇すぎて、友人と水切りで勝負。笑

水切りって世界共通の遊びなんだなと、しみじみ。

 

何年振りにやっただろう?

最高3回しか跳ねなかったのが、ちょっと悔しかった。

 

Tali Mahakshetram

その後は久しぶりのお寺見学。

ヒンズー教徒しか入れない、という紙が貼ってあったのですが、なぜかOKでした。

 

その代わり、またも上裸になって着替えさせられたけど。

こんな感じの赤い布を腰に巻いて。

drizzlyrain.hatenablog.com

オッタパラムで行った寺院よりも良かったですね。

 

中の写真は撮れなかったけど、オッタパラムでは見れなかった綺麗な色合いの壁画とかあったり。

素人目の判断だけど、より細部まで手が掛かっている作りのように見えた。

壁にたくさんの燭台があるのが分かりますかね??

一斉に火を灯したところも見てみたかったなあ。

 

てっぺんにナンディーと、下で支える亀さん。

 

人面亀??

ちょっと怖いデザイン。

 

旅の醍醐味 

日本でいう住職の方に、流暢な英語で話しかけられました。

「君はどこの出身だい、ネパールかい?」

 

日本から来たと伝えると、嬉しそうな顔して「ありがとう」と、今度は流暢な日本語で話しかけられてびっくり。

 

3カ月ほど日本に滞在したことがある、白髪が立派なおじいさんでした。

お歳が88歳と聞いてまたまたびっくり。

すごいハキハキ喋るし、覇気の感じられる顔つき。

とても米寿になる方には見えなかった。

 

しばらく日本のことも含めて、一期一会の会話を楽しみ、お寺を後にしました。

 

やっぱり旅の醍醐味って、こういう何気ない会話を味わうことにあるのかなぁとしみじみ。

3カ月ぐらい海外生活をしていて、英語の上達を感じ取れるこの頃。

この旅行では、バーやバスの中で現地の人とお喋りできたのが嬉しかったなぁ

 

違和感に気付けるかな??

2つの写真とも、ちょっと薄暗いですね。

この旅行の最中で飲んでた、バーの写真を貼ってます。

これらの写真を見て、何か足りないものがあることに気付くかな??

 

ちょっと難しいと思う。

僕もお手洗いに行ってから気付いたんですよね。

 

「あれ、何で男子トイレしかないんだ??」

 

そう、写真には男性しか映ってません。

店員さんも含めて、女性は一人もいない。

 

友人に聞いてみたけど、禁止されてる訳ではないそうです。

ただ、お酒を飲むと理性が無くなる人もいるから、女性は来ないのだと。

センテンススプリングの話をしたら、卒倒するんじゃないか。笑

 

あと、ケーララ州ではお酒の持ち運びが禁止らしい。

飲むなら、こういうバーに行かないと飲めないのだと。

 

じゃあケーララ州に住んでる女性は、一切お酒が飲めないってこと??

 

No,alcohol, No lifeがモットーなので、ちょっと信じられない。

持ち帰りOKになったら、消費が増えて経済的に良さそうだけどなぁ。。

広告を非表示にする