読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
大学院で有機合成をやってた人の思いつきの垂れ流し。
3年次に就活して内定貰ったのに,やっぱ研究したいと思って大学院に進学したり ,
休学してインドで留学してから中退したり。とりあえず生きてます

インド数学に感動したケーララ旅行【4,5日目】

宿泊しているホテルのネット環境が酷くて更新できず。

8月に入ったのに、幸先の悪いスタートになってしまった。

 

5日目から新しく、Malapprumというところに来てます。

嬉しいのか悲しいのか、観光地としては全く紹介することがないので、Wi-Fiが繋がらなかったことに感謝ですね。笑

 

最後の学校見学はなかなか印象深いものになりました。

特に数学の授業は衝撃でしたね。

 

突然ですが問題です。

64はX^2で表されます。

そのXに当てはまる数はなんでしょう?

 

そんなの8に決まってるじゃーん!とか言わない。

 

真面目に計算するとしたらどうします?

日本の数学だったら、小さい素数で割っていきますよね。

今回は問題で指定されてるから4とかでもいいけど。

f:id:drizzlyrain:20160803040745p:plain

今回だと2で6回割れるから、2^6=64ってことが分かる。

だから√2^6=8ですね。

 

簡単すぎましたかね?

じゃあ5184の場合はどうですか?

 

いちいち2で割っていって、、、なんてアホらしくてやってられないですよね。

計算ダルすぎ。

 

インド式の計算法だとあっという間でびっくりします。

f:id:drizzlyrain:20160804224431j:plain

これすごくないですか?

中学生ぐらいの子たちと一緒に授業受けてて、一人で感動してました笑

 

何気なく使っている「0」という概念。

これを初めて考え出したのもインド人と言われてますからね。

やっぱインド人の数学に対する考え方って天才だわ、と思った瞬間でしたね。

 

食堂でみんなが並んで食べているところを一枚。

 

インド人との感覚のズレ

教育実習中の学生さんが、せっかくなので近場を案内してくれると。

お言葉に甘えて、連れてってもらうことに。

 

話がまとまってから、出発したのは2時間後でしたね。

 

一人の学生さんが担当している講義が残ってて。

校内でひたすら待ちました。

 

その後に向かった場所がここ。

いい景色!!

だけどここに来るのに1時間ぐらい掛かった笑

 

奥に広がってるのはほとんどがココナツ。

インド人はこういう自然に囲まれるのが好きなんですよね。

 

ゴムの木!!

映像でしか見たことがないものを直接見れると嬉しい

時間が経ってるのか、ゴム臭さみたいなのは無かったですね。

 

あとはダンゴムシを見つけて手の上で転がしたり。

 

そういうことをしてる彼らを見て、退屈に感じてる自分を見つけましたね。

そのときに自分の感性は死んだなと思った。

 

その後はMalapprumの近くのアミューズメント施設に行ってみました。

ミッキーマウスのクオリティ。

家族連れで来てる子たちがすごく楽しそうにしてる。

笑顔が、輝いてる。

 

その一方で自分は冷めている。

どこまで行っても日本と比較してしまう。

 

そんなことしたら、そう感じるのは当たり前だと思うかもしれないけど。

自分は世界のどこに行っても日本人なんだと。

改めて噛み締めた瞬間でもあった。

 

しあわせってなんでしょうね。

広告を非表示にする