読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
有機合成をしてる日本酒好きな北大生が,思いついたこと垂れ流します。
3年次に就活して内定貰ったのに,やっぱ研究したいと思って大学院に進学したり ,
インドに留学するために休学したり。絶賛人生迷走中。

ケーララ旅行【3日目】

インド ケーララ

ケーララ旅行も3日目になりました。

今朝からオッタパラムを離れて、Palakkad(パルカード)という所に来てます。

f:id:drizzlyrain:20160729190824p:plain

オッタパラムに比べると、かなり発展してていい感じ。

 

Palakkad Fort

おそらくパルカードで有名な観光地の1つ。

現地の人はマイダン?って言ってるので、道を聞くときは注意。

文字通り「要塞」ですね。

石が積み上げられてるところも、堀の水が溜められてるところも、日本の城壁みたい。

文化が輸出されたのか、思い付く結論は1つだったのか。

 

観光地でも、インドクオリティを感じました。

 

例えば、

落書きされ放題の城壁。

食糧庫だと思うけど、中はゴミがいっぱいでした。

カップルの落書きもありますね。笑

 

当時の人が利用してたのか、未だに人が住んでるのか分からない笑

 

この建物はなんでしょう?

ヒント:要塞には警官がよく出入りしてます。

 

 

答えは拘置所でした。

 

日本だとありえないこと、があり得るインドらしさが出てる。

敷地の有効利用、と考えてみると聞こえが良いですね。笑

 

あとは敷地内に育っている、奇跡とも思える木。

これ全体で一本ですよ?

枝の太さと曲線具合がすごい!!

どうやったらこんな形になるんだろうなぁ。

 

Maraphoza dam

友人がダムがあるから行こうって言いだしたのが始まりでした。

正直、ダムに行ってどうすんや、と思ってたのが本音。

 

ダムだけじゃなく庭がたくさんあって、切り取り方でいろんな風景を楽しめるのが良かったですね。

入場料を払って、ゲートの奥へ行きましょう。

日本にも、ダムファンとも呼べる友人がいるけど、、

ここまではダムのおもしろさを分かってなかったですね。

 

さっそくゲートの先へ

憩いの場になっているのか、家族連れの姿が多かった。

全部見て回ると、それなりに時間が掛かるので一部紹介。

 

リアルチェス盤。

もう少し大きかったら、ハリーポッターの世界。

 

ロープウェイにも乗れます。

ダムの上に行くためじゃなくて、ただ乗って風景を楽しむ用ですね。

乗ったら往復して戻ってくるまで降りれない。

しかも乗り場が外にあるんですよね。笑

70ルピー(約120円)でした。

 

しょんべん小僧ならぬ、何か。

むしろインドでは立ちションが普通なんだから、しょんべん小僧にすればいいのに、と思ったり。

 

ブリッジが2つ掛かってます。

ボートも乗れるけど、移動できる範囲はちょっと狭いかも。

そのせいか遊んでる人は少なかったですね。

 

ドキッとするセクシーな像。

ポーズの意味はよく分かんないですね。

無粋な僕には、耳を塞いでるようにしか見えませんでした。笑

 

ナンディーと、奥にダムの放出口を納めてみました。

その両脇にゾウが立ってるのが見えるかな?

 

橋の上からの1枚。

 

フルートと片足立ちが特徴的なクリシュナ。

以前、インドの大蛇は頭が7つと書きました。

訂正すると、3,5,7つぐらいの奇数で描かれることが多いらしい。

 

日本庭園がある!!

18番に注目。

これは確かめるしかないでしょう。

 

一番最後に行ったから、もう暗いけど分かるかな?

むしろ、分からない方がいいかもしれない笑

翌日、ロープウェイに乗るためだけに再訪しました。

ご覧ください。

上空から撮った「インド式日本庭園」

うーん??

日本庭園ってなんだっけ??笑

 

これじゃない感がすごい。

蓮の葉が水面を覆っているだけのような。

 

ダムの上からの景色が最高に気持ちいい。

最後にやっと、ダムに登ってからの風景を紹介!

もう言葉で語ることは特にないです。

ちょっと曇ってるのが残念。

最後に、ダムの上からグルーっと一望してみました。

水が放出されるところはまだ見たことないけど、それが見れたらまた楽しそうですねー

広告を非表示にする