読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
大学院で有機合成をやってた人の思いつきの垂れ流し。
3年次に就活して内定貰ったのに,やっぱ研究したいと思って大学院に進学したり ,
休学してインドで留学してから中退したり。とりあえず生きてます

ケーララ旅行【2日目】

ケーララというより、オッタパラム旅行2日目。

今日は、山と寺に行きました。

寺院の方はかなりオススメできそうなスポットですね。

 

Anagannadi Mountain

発音が謎なので、英語しか載せません笑

バスでの移動中に見えてくるむき出しの山肌。

こんなに見事に禿げるものなのかな。

登ったあとで分かったけど、山というより岩肌ですね。

 

入場料は20ルピーでした。

 

山の方から流れてくる水が、畑を潤してます。

そして奥に広がるバナナ林?

バナナ林って言ったことがないけど、合ってますかね?笑

 

絶滅危惧種の看板。

 

なぜインド人はこの場所に遊具を置いたのか。

小さい頃はブランコを勢いよくこいで、ジャンプして柵を越えたりしたなぁ。

それをやったら、崖からジャンプする気分を味わえてスリルありそう。

 

めちゃくちゃ気持ちのいい景色。

今回も、残念な画質の動画を撮ってみたぜ。

  

ちなみにこれ、山を登ってる途中に撮ってます。

なんか変なところがないですか?

分からない人は、最後の方に注目してほしい。

 

山の頂上はずっと先なのに、途中から全く階段がありません。

ワイルドすぎんだろ。

 

登るのはまだしも、下るのが大変そうなので途中で断念しました。

64のスーパーマリオの如く、四つん這いでハイハイしたら登れそうですけどね。

このネタを分かる人がどれだけいるのか。笑

 

Thiruvilwamala Vilwadrinatha (Rambhadraswami) Temple

この寺院はかなりオススメ。

オッタパラムからはバスで1時間ぐらい掛かるけど雰囲気がいいし、ヒンズー教徒でない日本人でも入れます。

 

この前紹介したやつと一緒じゃん、と思うかもしれないけど全然違う。

 

入り口は鷹が見守ってくれてます。

 

手前のポストみたいなやつが日本でいう賽銭箱ですね。

 

中は写真撮影禁止なので、撮れなかったのがずごく残念。

僕でも入れましたが、ただ1つ決まりがあります。

 

男性は上裸にならないといけません。

 

友人が思いっきり服を着てますが、このあと注意されました。

 

周りの人と一緒に上裸になって、日本とは違う線香の匂いを吸い込んで、お祈りしてると、ちょっとだけヒンズー教徒になった気分。

そういう意味でもオススメできるスポットかも。

 

他にも面白いものがたくさん置いてあります。

金ピカの小さな寺院。

 

お願いするときに石を積み上げることもあるらしい。

石を積み上げて、神様に何かお願いして、もしそれが叶ったら、神様にお礼をする、という順番らしい。

ちなみに、積み上げられた石の数は重要じゃない。

 

でもたくさん積めた方が、願いが叶いそうな気がしません?笑

実際、2,3個で止めている人はいないし、

わざと難しく積み上げてるようなものもありますし。

 

白鳥みたいな鳥に、バンドを投げてます。

輪投げみたいにしてるやつは絶対狙ってる。

というか、どうやっても投げるだけじゃ厳しいでしょ笑

日本でいうお賽銭みたいな感覚なんですかね。

 

日本ではヤマタノオロチが神話に登場するけど、インドの大蛇は頭が7つ。

この違いは面白かったなあ。

タイミング的に後光が差したようになってます笑

 

いろいろ紹介しましたが、お祭りでゾウが来ることもあるようです。

ちなみにこの寺院は、インドにたくさんあるSri rama寺院の1つらしい。

そういう知識が全くなくても、雰囲気を味わえること間違いなしかな。

広告を非表示にする