読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
大学院で有機合成をやってた人の思いつきの垂れ流し。
3年次に就活して内定貰ったのに,やっぱ研究したいと思って大学院に進学したり ,
休学してインドで留学してから中退したり。とりあえず生きてます

服の価格設定に、インドと日本の共通点があるかも。

娯楽施設が全く周りにないので、家では寝るまでPCと向き合ってるこの頃。

息抜きはニコ動ばかり\(^o^)/

ありがとうドワンゴ。課金はしないけど。

 

このままじゃ良くない!!と思ったので、買ってきました。

f:id:drizzlyrain:20160619182539j:plain

運動靴やプロテインもどき、そしてシェイカー代わりの容器。

完璧ですね。

僕の自己満はこれくらいにして。

買い物してて思ったことを何点か書いてみたい。

 

価格表記の仕方がおもしろい。

例えば、今回買った服の値段はこんな感じ。

f:id:drizzlyrain:20160619184156j:plain

ちゃんと日本のサイズも表記されてるありがたさ!!

でも今回注目して欲しいのはお値段。

ズボン599ルピー、シャツ799ルピー。。

 

あれ?

この感じ、日本と同じじゃないですか?

 

日本だと、298円とか398円の商品が多いですよね。

一つ桁を下げる値段の表記をする感じ。

「にきゅっぱ」とか「さんきゅっぱ」だと語呂がいいのかな?

 

他の服も似たような値段の付け方をされてます。

f:id:drizzlyrain:20160619185014j:plain

食べ物とかめちゃくちゃ安いけど、服はそれほど安くないかな?という感覚。

f:id:drizzlyrain:20160619185131j:plain

たぶん、海外の人件費が安い地域で服を作ってるからでしょうね。

日本で買う安い服だと。

だからインドで服を買っても、それほど値段の差を感じないのかな?

 

所得の差がすごい。

僕が買い物に行ってるお店はきれいな所で、インドでもお金を持ってる人が来るお店だと思う。

今回の買い物では、2700ルピー(約4400円)ぐらい使いましたね。

だけど前に並んでた人は、服だけで8000ルピー(約13000円)ぐらい使ってて。

 

まあ日本なら、それほど驚かない金額でしょう。

だけどインドでそれだけあれば、一ヵ月は食べていける金額。

その一方で、ストリートチルドレンや、お金を恵んでくれと言わんばかりに声をかけてくる人もいます。

なので、所得の差というものを強く感じますねー

 

インド人は釣り銭が嫌い。

これは買い物や食事をするたびに思うのだけど。

インド人は細かいお釣りを払うのを嫌います。

嫌うというか、めんどくさいのかな?

 

インドにあるのは、1, 2, 5, 10, 20, 50, 100, 500, 1000ルピー。

そのうち硬貨もあるのが、1, 2, 5ルピー。

 

例えば60ルピーの商品に100ルピーを渡すと、

大体の場合10ルピーない?って聞かれる。

50ルピー札1枚で返せるからですね。

 

他にも、税込みで212ルピーの商品に220ルピー払うと、

ほぼ100%の確率で2ルピーない?って聞かれる。

ほぼ、と書いたのは例外が1回だけあったので。

 

また、細かいお釣りを払うのをめんどくさがって、アメとかガムをくれたり。

ひどい時はお釣りをくれません笑

5ルピーぐらいだからいいや、と思って諦めてるけど。

 

それなら、めんどくさい値段設定にしなきゃいいのに、と思うかもしれない。

 

だけどレシートを見た感じ、商品によって税が違う。

それ以上に、税が細かいのが大きな理由だと思う。

例えば、服は5.5%、靴は14.5%とか。

 

だから、消費者目線でちょっと得に感じる値段設定にしてるのかな? 

日本と同じような感じがして、おもしろいなーと思う発見でした。

広告を非表示にする