読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
有機合成をしてる日本酒好きな北大生が,思いついたこと垂れ流します。
3年次に就活して内定貰ったのに,やっぱ研究したいと思って大学院に進学したり ,
インドに留学するために休学したり。絶賛人生迷走中。

本を読みたいけど、何を買うべきか迷った人に。「新世代CEOの本棚」

読書 息抜き

タダで大学や寮のWi-Fiを使えるのはいいけど、SNSに全くアクセスできないこの頃。

そのせいか、ベンチマークにしている人たちのツイートや考えをチェックできないのがちょっと痛いです。

 

Twitterのリスト機能はめっちゃ便利だと思うので、ぜひお勧めしたい。

僕は考えを追いかけたい人はリストに入れてます。

ちなみにリストにはフォローしない人も登録可能。

いくらフォロワーが増えても、リストに入れる人を制限すればチェックも楽。

NewsPicksにもそういう機能があればいいのに、と思うこの頃。

 

タイトルの通り、本を買おうと思ったけど情報がなさ過ぎてどうしよう?

と思ったときに見つけたのがこの本でした。

新世代CEOの本棚

新世代CEOの本棚

 

個人的にマークしている堀江さんと佐藤さんが載っていたし、これを読めば面白そうな本が見つかりそう!!という確信があったので。

 

この本に載っていた、〇〇という本が面白そうだった!!

と書けば、簡単にまとめられるけど。。

流石にそれはマズいと思うので自重します。笑

 

もちろん、魅力的な本が紹介されていることも魅力だと思うけれど。

次世代のCEOの方々の思考が描かれてることが、最大のメリットだと思う。

その辺りを踏まえながら、良かったところを紹介していければ。

 

本を読まずとも、要約してくれる内容が使えそう!!

本を選ぶときに、誰が紹介していたのか?

それを大切にするべき、と前に書きました。

drizzlyrain.hatenablog.com

それには必ず理由があるはずだから。

 

個人的にめっちゃ面白いなと思ったのが、LINE元CEOの森川亮さんの言葉。

意志力というのは、筋力と同じで、たくさん使うと減ってしまう

1日に意思決定できるボリュームが決まっているとしたら、くだらない意思決定ばかりしていると、本当に大事な意思決定ができなくなる。

意思に個人差はあれど、量がある、というのが個人的には新鮮な考え!!

 

森川さんはこの方針に基づいて、着る服を決めているらしいです。

何着も同じ服を持っていて、何を着るか考えないようにしているとのこと。

疲れてくる夕方でも、きちんと意思決定をするために。

 

だいたい自分で自由に使える時間って、遅くなってからですよね。

それは社会人でも学生でもあまり変わらないと思う。

せっかく会社やラボに縛られず、自由に使える時間になったのに。

疲れ切ってどうでもいいや、と感じてたことが多いなと我ながら思いました。

 

人生は決断の連続だ!!みたいな言葉を耳にした覚えがあるけれど。

いかに、その回数を少なくするかも大切なのかなと感じましたね。

 

違う人が同じようなことを言っていることに気付く。

これはKindleのおかげでもありますね。

drizzlyrain.hatenablog.com

自分が色付けした文章は、いつでも見返すことができますから。

チェックをしたということは、何かしら自分の琴線に触れたってこと。

もちろん、そこに偏見は入るけれども。。

 

遥かに自分よりすごい人達が言ってることは、正しい可能性が高いんだなと思うことにしてます。

無条件に信じるのはもちろん危ない。

そこでポイントにしてるのが、

  • 複数の人が言ってるか?
  • その際のロジックに妥当性が感じられるか?
  • 反対の意見を言ってる人の理由は?

とかですかね。

 

良い本に出会える、いいサイクルを廻せる!!

良い本かどうか?というのには個人によって違うと思う。

けれども、何かしらのポジションにいる人が薦める本は、やはり良いものである可能性が高い

出来る人は、少なからず本を読んでるなという印象が個人的にはある。

 

実際、この本で紹介された本は知らないものが多かった。

CEOの本棚ということで、経営に関する本とかが多く紹介されているのかな?

と思ったけれども、そんなことは決してありませんでした。

もちろん、そういう話はよく出てきたけど。

 

Twitterのリスト機能やブログを利用して、

自分が信頼すると決めたネットワークを作り上げていけば、面白くていい本に出会える確率が高くなるんじゃないかな?

と前から言ってますが。

 

読む前に情報をいくつもチェックするうちに、その本を読んだ気になるかもしれない。

けれども、それで面白そうと思った本を読まないのは勿体ないと思う。

バックグラウンドとか考え方、興味関心は人によって違うので。

 

読んでみたい本がいくつも見つかったので、いいなと思ったら紹介したい。

とりあえず、紹介された本の名前を今回は出さないという建前は守る。笑

広告を非表示にする