読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
大学院で有機合成をやってた人の思いつきの垂れ流し。
3年次に就活して内定貰ったのに,やっぱ研究したいと思って大学院に進学したり ,
休学してインドで留学してから中退したり。とりあえず生きてます

IT

海外に留学中だけど、TECH::CAMP始めてます。

東京にいる間に、TECH::CAMPの体験会に行きました。 そのときに書いた、だいぶ前の記事がこちら。 drizzlyrain.hatenablog.com あれから、もう4カ月以上経ってるんですね。早い。。 申し込むことは僕のなかで確定だったので、ビザの取得に手間取ってる間、東…

留学してるけど、そもそも英語を学ぶ意味はあるのか。

オリンピックの閉会式すごかったですね!! 椎名林檎さんの音楽だとすぐに分かったし、白と赤を基調とした演出の数々。 そして日本が誇るキャラクターが躍動している姿。 君が代もカッコよくて、毎回ああいう感じで流れたらいいのに、と思いました。 安倍首…

マイソールのお買い物事情。【オンライン編】

インドで生活してる間は、オンラインで買い物することはほとんどないと正直思ってた。 実際は、そんなことまったくない。 むしろ進んでいると言った方がいいくらい。 そんなインドのオンラインショッピング事情を紹介してみたい。 活発なオンラインショッピ…

外国人にも映像作品が見られているので、今さら「火花」を読んでみた。

うーむ、2日連続で本の紹介になってしまった。 そしてちょっと書きすぎた。。 今年の直木賞が発表になりましたね。 そんななか、去年の芥川賞受賞作「火花」を読んでおります。 今さら感は気にしたら負けってやつ。 今になって、手を出そうと思った理由から…

がん研究に革命を起こしつつあるWatsonって知ってる?

最近、NewsPicksの課金をし始めました笑 月1500円はちょっと高い。 だけど、赤字っていうのを知って応援したいなーと思ったのと、 もちろん読みたい記事があったから始めました。 noteやメルマガも含めたら、結構メディアにお金を払ってるなー。 毎月1軒は飲…

有機化学を専攻してる僕が、ビットコインについて分かりやすく説明してみる。

日本の友人に髪型のことを笑われて、改めてショックを受けてるすがです。笑 drizzlyrain.hatenablog.com ネタ要素はだいぶ満たしたので、今回はくっそ真面目に行きます。 最近、企業でブロックチェーンの導入が進んでいるのはご存知でしょうか? bccc.global…

他の人よりも「未来に先回りする思考法」が欲しいなら。是非読んで欲しい一冊。

こんにちは。 少し前に「WORK SHIFT」についていろいろ書きました。 drizzlyrain.hatenablog.com この本に関する否定的なレビューの1つに、将来どうすればいいんだ??というものがありました。 正解なんてないから、自分で考えてどうにかするしかないかな?…

人工知能は敵なのか?

未来のことを書いた本やNewsPicksの記事を見てると人工知能(AI)の発展、 ということを否が応でも意識するけど、皆さんはどうでしょうか? AIやロボットが活躍する近未来ってどんな感じなんだろう?と思う方。 個人的には「PSYCHO-PASS サイコパス」というア…

Kindleに浮気したら、本や論文のアウトプットが楽で離れられない。

どうも、こんにちは。 つい先日まで、本を読むなら紙媒体派でした。 だけど電子本を買ったことが無くて、食わず嫌いな奴でした。 たまたまAmazonの商品券を手にする機会があったのと、 ネットサーフィンしてたら面白そうな本がありまして。 Kindleをダウンロ…

2025年における働き方の未来図を描いた本「WORK SHIFT」

どうも、こんにちは。 自分の将来とか、まだ働いたこともないのに仕事に関して悩んでます。 そんな中で、個人的に学生にオススメしたい本を紹介します。 それがこちら。 結構有名な本だと思うので、読んだことがある人も多いかもしれない。 ワーク・シフト ―…

尿と線虫でガンを診断できる時代が来るかも!?

最近の医療って、治すことよりも予防することに重きを置く、という方向に転換しつつありますよね。 そんな中で見つけた、少し古いけど面白い記事がこちら。 www.mugendai-web.jp タイトルだけでも面白そうなんだけど、いろいろ重要な情報も載ってます。 年間…

プログラミングとは縁がないからこそTECH::CAMPに行ってみた。

こんにちは。すがです。 普段はフラスコに有機溶媒を入れて、物質をまぜまぜして反応させてます。 プログラミングとかマジで縁がない生活を送ってます。 一応、授業とか3年次にワークスのインターンに行ったときには少し書いたけど、もう記憶の片隅にも残っ…